久々にヤフオクに本を出品

ヤフオクに、不要になった書物を出品してみました。たまーにやる感じですね。私が薄めの本で使うのは「スマートレター」が多いですね。予め180円の封筒を買っておかなければなりませんが、ま、宛先を書いて、本を入れて直ぐポスト投函できるのでラクです。

オークションで便利なのは、デジタル秤(できれば2つあると正確性が増し、重量過多で戻ってくるなどのことがない)を用意しておくことと、このような切手付き封筒を含め、切手類などを予め多く用意しておくことですね。時間のないとき落札があっても、慌てないで済みます。

オークションでは、まったく問題のない落札者がほとんどですけど、たまに非常にわがままな人がいます。品の取り置きはできないと書いてあっても要求してきたり、まったく書いていない発送方法を要求してきたりと。その割に期日までに入金してこなかったり、まあ、何だかトータルでは損しちゃったような気になることもあります。こういう方を避けるには「説明に書かれていない発送方法・決済方法は出来ません」などとキッパリ言い切っておくことですね。

あと気をつけたいのは、「雨」ですね。本なんかは、湿気で大分傷みます。もともと状態の悪い本ならいざしらず、新品同様のものなどでは、ビニールなどでしっかり梱包します。ビニール自体の他、雨で濡れることで重さが増してしまう、なんてことにも(郵便局等から発送せず、ポストに投函する場合)注意が要ります。

とにかく邪魔な本を一気に処分したければ、ブックオフなどに持ち込むのも手ですけども、思わぬ高値とかはあまり期待できないかも…。オークションだと、「誰かにとっての貴重本」に該当していたりして、案外トクな気分になったりします。また、オークションでも、やや雑に「何巻か欠けていますがそれでも良い方」として何かの全集を出品したり、「この店の写真にある本全部を1000円~で」などと、割り切った出品をしてみても、意外に良い結果があるかも?

無理に儲けようとしても難しいものですが、趣味程度に行う分には良いもので、雨の休日などにはオークション出品作業も、ひまつぶし兼お小遣い稼ぎとして、マッチするかもしれません。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です