人工知能搭載の次世代スピーカー

グーグルとアップル社からそろって今年、新型スピーカーが発売されます。従来のスピーカーと違うところは人工知能を搭載しているところです。

スピーカー自体に音楽が入っているわけではなくインターネットにつないでそこから音楽をダウンロードして流す、ミュージックプレイヤーでもあります。またスピーカー向かって自分が聞きたい音楽の曲名を言うと、その楽曲を再生してくれるという機能も付いているまさに世代スピーカーです。お値段はどちらも3万円前後という価格で手の届かない金額ではないのが心憎いところですね。

自分が学生の時にはウォークマンが発売されたことが革命的な出来事でした。大好きな音楽が自分だけのものになったような感動がありました。自分だけに聞こえている音楽なのですが、世界中がその音楽に包まれているような感じでした。

今の時代には音楽が電波にのってダウンロードできる時代です。またユーチューブでは好きなだけお気に入りのアーティストの動画を見ることが出来ます。こんな便利なことはないのにさらに便利なスピーカーが発売されるのです。

さらに未来には自分が聴きたい曲のタイトルが分からなくても、歌をワンフレーズ歌っただけでその曲を再生してくれるなんてことが新型スピーカーで出来るかもしれませんね。
まるでドラえもんに出てくる秘密道具みたいに夢のあるスピーカーです。一体どこまで便利になれば人間は満足するのだろうか?と思ってしまいます。

私は音楽が大好きなので自分が好きな曲や、曲名が分からなくても歌詞の一部を覚えていればネットで調べてタイトルが分かるというのは本当に助かっています。いったん音楽のユーチューブを見出したら次々に見たいユーチューブがヒットしてきて止まらなくなってしまいます。

でもやっぱり私が大好きだったのは好きな曲を録音して作った自分だけのカセットテープですね。インデックスにタイトルと曲名を書く時のワクワク感は今でも覚えています。時代は変わってカセットテープが次世代スピーカーになっても音楽を好きな気持ちだけは変わらないと思っています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です