女子力と勇気と面倒くささと。

女子という年齢ではないのだが、女子力は低いです。生まれてからずっと、女子力が高かった試しは一度もないと思います。そんな女性を落第したような人間にも女子的な悩みは存在します。

とても毛深いことです。毛深いのはまあいいのですが(欲を言えばあまりよくはない)、お手入れという面倒くさいものがついて回るのです。特に足の脛の部分! 性別を間違っていますかレベルです。自分には弟がいるのですが、弟に負けず劣らずなのです。弟の方がもう少し毛深いですが。女子力の高い弟は、学生の時から脇の処理はしており、脛についてもずっと悩んでいたようでした。

自分は脛を見るたびに手入れをせねばと思いつつ、放置プレイをかまし続けています。パンツ姿でとりあえず周囲から隠しまくる、というその場しのぎの対応をずっと続けております。スカートは着用しません。己の足を晒せないことだけはよくわかっております。

お手入れしろよと己に突っ込みながらも、カミソリを当てるのも肌が傷付くのでは? とか思い、脱毛のクリームとかいろいろあるけれど大丈夫かな? と思って手を出しておりません。

残る手段は脱毛サロンか医療脱毛です。産毛は残っていても構わないので、とりあえず剛毛が目立たなくなればそれでいいのです。ツルツルは望んでいません。ただ、どちらも影響が怖いのと、あとは一度で終わらないために通うのが面倒くさいために二の足を踏んでいます。

正直に言うと、お金もかかるのでそこも考えどころです。予算の範囲内で、できるだけ安全に、痛みと副作用的なものを最小限に、と考えて動けなくなっているのです。コンタクトも入れられず、ピアス穴も開けられないチキンです。こういうところだけ臆病です。勇気が足りておりません。あとは通うのが面倒くさいという己のどうしようもない不精をどうにかしなければなりません。

朝起きたら足が綺麗になっていたら嬉しいんですが、そういう夢のようなことを思っている年齢でもありません。前向きに脱毛を検討したいと考えております。今はメンズのヒゲ脱毛もあるし、デリケートな顔が脱毛できるのであれば、足程度大したことはない、と思うことも可能です。
前向きにお手入れを検討したいと思います。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です