引っ越し熱(病気ともいう)

定期的に引っ越したくなります。シェアハウスなどにいる割には、結構長く住んでいたりするのですが、それでも腰を落ち着けるというには短い時間で引っ越しをしていると我ながら思います。
ということで、現在例に漏れず引っ越したいと思っております。なんだか慣れてきたら引っ越したくなります。うずうず引っ越し熱(病気な気もしてきた)が疼いてきます。まあ、世の中には己と同じように、いや、己以上に身軽に引っ越しや旅を繰り返す方々もいらっしゃるのであながち病気でもないのでしょう。ただの性格です。おそらく。
他のことには驚くほど面倒くさがりで怠け者なのに、引っ越しだけはしたいと思うあたり、己の中で引っ越しの重要度は高いのだと思われます。
別の理由として、部屋の中の物を整理するために引っ越す気もしています。引っ越しの際には思い切りよく物を処分しまくるので、とても身軽な気持ちになります。これを通常の生活でも続けられればいいのですが、引っ越しというイベントあたりがなければやらないという事実。
単純に、新しい部屋と街が楽しみだということもあります。せっかく首都圏に住んでいるのだから、転々としたいというかなんというか。居心地のいい場所に落ち着きたいという気持ちも多分にあるのですが。落ち着くと、習い事などに通う場所も定めやすい、とは思っています。思うだけは。
とにかく、これを書いている今、とてもとても引っ越したいです。本格的に冬がくるあたりには目処をつけていたいです。なぜなら、外付けの階段は冬にとても寒いからです。その外付けの階段を、用事があるたびに行ったり来たり(なぜか階段を使用しなければ洗濯機とシャワー室にいけないようになっています)するのが寒くて仕方ないからです。
以上のような理由で、現在、思いついた時に物件を物色しています。一番大きな障壁はご予算というやつです。いっぱいお金があったら何も気にせずに好きなところに住めるなあ、とか思います。好きな場所に住めることを夢見て、引っ越しを楽しもうとしています。
好きなところに住んでいる人がどこを気に入っているのか知りたい今日この頃です。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です