田舎暮らしの落とし穴

都会や市中の人が田舎暮らしに憧れ、定年後思い入れのある田舎に移り住むという人が多くなっています。しかし現実を見ると意外な落とし穴が沢山あります。

静かなところでのんびり残りの人生を楽しみたいと思う気持ちが一変するような事例です。
都会では隣の人は知らないなどの他人に関せず的なことは当たり前ですが、田舎では真逆です。

近所の人が野菜を持って来たり、話に来たりなど常に近隣の行き来があります。そして市中における町内会的なものがあります。

地区によって地区長がいてその地区のまとめ役をしています。地区では定期的に会合があり、地区の草刈りや一斉清掃など行事が色々あります。それに参加もしなくてはなりません。更に田舎は人口が少なく、地区長が当番で回ってきやすくなります。また会費もいります。

こんな近所付き合いが嫌で地区の会を外れる人もいます。

別に外れても問題はありませんが、狭い近所から白い目で見られたりして住みづらくなります。

そして買い物に不便なのも田舎です。近所の店では市中で買うものと同じものが1.5倍以上の価格で売られています。安いスーパーなどを買い物に行こうとすると車で30分以上と1時間以上かかったりします。

生活費が市中よりかかるのも事実です。更に事前に確認をしておかないと、携帯が1社しか通じないとか、ネット環境が無いとか、市中では当たり前のことが当たり前でない現実があります。

そして多くの人が苦痛になるのが夜です。交通量がほとんどなくて静かと思いがちですが市中にはない音があります。川や谷沿いでは水の音です。静けさの中にこの音が響きます。雨が降って増水すると騒音にまで聞こえます。そして春はカエルの鳴き声です。気になるととてもやかましく感じます。そしてセミも夜、鳴きます。

秋はコオロギやクツワムシなどがやかましく鳴きます。昼間でも聞きなれない音があります。草刈りなどをするチェーンソーです。田舎では当たりまえの作業ですから響く場合があります。

このように静かな田舎でのんびりの憧れが打ち砕かれ、やっぱり都会や市中に舞い戻りという人が多くなっています。現実問題としては住み慣れたところが一番いいと思います。

「はやぶさ2」が小惑星「リュウグウ」に今から1年後に接近とのニュースについて

今日のニュースで、小惑星探査機「はやぶさ2」が来年6月から7月頃に小惑星「リュウグウ」に接近して、その岩石のサンプルを採取して持ち帰るとのことです。

その小惑星の状態は良く分かっていないため、探査機が接近してから探査機の機器で観測して着陸点を決めるとのことです。この惑星の岩石には有機物や水分が含まれていると考えられていて、太陽系の成り立ちや生命の起源を探るうえで重要な物になるようです。
「はやぶさ2」の地球への帰還は2020年になるとのことですが、その年は東京オリンピック・パラリンピックが開催されていますので、無事帰還できると嬉しいニュースが重なるので喜ばしいことだと言っていました。

2010年に帰還した「はやぶさ」は色々な困難に耐えて成功しましたので、今回の「はやぶさ2」も無事成功して帰還してもらいたいです。

また2回続けての成功となると日本の小惑星探査機の技術の高さが証明されますので、何か誇らしくなります。地球の起源や宇宙の起源、生命の起源や過程の研究がさらに進むのではないでしょうか。

その一因を日本が担っていると思うと嬉しくもなります。是非、成功して帰還してもらいたいと願っています。また結果によっては地球外生命体の存在の期待が出てくると思います。

また最近、太陽系以外の恒星に地球に似た惑星が見つかり生命体がいるのではないかと思われているようです。

地球が広い宇宙での一つだけの存在ではないようですので、どこか広い宇宙に知的生命体がいる可能性があります。

その生命体に将来合える可能性があるようです。

ただ地球は偶然が重なっての存在とも言われていいますので、地球環境を悪くしないようにこれからも人類は生存しなければならないと思いました。

また将来太陽が燃え尽きて、地球に人類が住めなくなっても、宇宙のどこでも生命の基礎となる物質があるのなら、他の星に住める可能性がありますが、今の技術だと年数がかかります。その移動手段の開発も考えなければならないようです。

このニュースで思った事ですが、地球で起こったことは広い宇宙から見ると些細な事に思えます。

彼と一緒にペルメニの冷凍食品を味わう

今日の昼食、夕食は共にペルメニというロシアの水餃子を食べました。冷凍食品のペルメニでしたが、彼がスーパーマーケットで数あるペルメニの冷凍食品から選んできてくれた商品でした。

ロシアの料理に馴染みのない私に、いろんな料理を味わってもらいという気持ちから、用意してくれたそうです。

ペルメニの冷凍食品は、作り方はとても簡単です。水を鍋で沸騰させ、コンソメまたはブイヨンの顆粒を加えます。そして、食べる量のペルメニを茹でます。ペルメニは茹でた直後は鍋底に沈んでいますが、だんだんと水面に上がってきます。

水面に上がってきたら、10分ほどさらに茹でます。合計して20分ほど茹でたら、お皿にスープと一緒に盛り付けて、バターや胡椒をお好みで振りかければ完成です。

このように、彼が作ってくれている姿を後ろで見ながら、私はワクワクしていました。彼がお皿に盛り付けてくれましたが、お好みで加えるバターや胡椒は何もリクエストしませんでした。

シンプルな味付けで食べてみたかったため、あえて何も加えることはしませんでした。一方、こってりした味が大好きな彼はバター、胡椒の他にマヨネーズを加えていました。

お互いのペルメニが多少違いがありますが、私も彼もとても美味しくペルメニを食べました。

ペルメニの皮の中にはお団子のお肉だけでなく、スープが入っていました。そのため、口の中でジューシーさが感じられて、お肉の美味しさがさらに感じられたような気がします。

今回買ったペルメニの冷凍食品は1パックだけでしたが、そのパックの中には50個以上のペルメニが入っていました。

というのも、昼食、夕食の分を分けるために彼が量を半分にするため、茹でる前に数えてくれていたのです。それぞれの食事として25個を茹でて、彼と私で分けました。

お皿に盛り付けられた量は一見少ないように見えましたが、食べきった後は満腹感で満たされていました。

彼のおかげで、今日はペルメニという新しい料理を味わうことができました。今度ペルメニを食べる時は、手作りのペルメニに挑戦してみたいです。

雨とMIDIのBGM

今日は、先日の丈のお直しをしてもらったデニムを取りに行くことも兼ね、雨が降ってこない今のうちがチャンスと思い、自転車を隣町の大型ショッピングモールへ走らせました。

お直しのコーナーで出来上がっていたデニムを無事に受け取ると、下の食品スーパーのフロアでいつもとちょっと違う新鮮な感覚で食材の調達です。

過去何度かは来たことのあるモール内の食品スーパーですが、まともにここで食材を買うのは年単位レベルでの久しぶりだったので、かなり新鮮でなかなかおもしろかったです。

商品カテゴリーによって主に近場をメインに複数のスーパーを使い分けてはいますが、いつも利用している近所のスーパーとは違うところでのお買い物もまたいいなと思いました。

知らない土地で、知らない人たちに紛れての生活を求めてお引越しをされる方々も世の中にいらっしゃいますが、そんな方々の気持ちさえも少し分かる気がしました。

そんな人々の気持ちも垣間見られた、勝手の違うスーパーで用を無事に済ませると、雨が降ってこないうちに家路に着きました。

帰宅後にお夕飯の支度も済むと、シトシトと雨が降ってきました。
夜になるころには、ちょっと強まってきた雨足がこの街全体を包み込んでしまいました。

傘は朝の出勤時に天気予報チェックして持って行ったものの、夫の帰宅を心配している矢先に夫は傘を差しながら帰ってきて、それほど雨がひどくならないうちに帰宅できたことを嬉しく思い、タオルを夫の少し濡れた体にかけてあげました。

雨足は予報通り徐々に強まってきて、コンコンコン、と屋根を打つ音も変わってきました。

しかしながらこの雨音も、いつも聞いて親しんでいるオルゴールMIDIとの相性がよく、雨音とMIDIのコラボBGMもなかなか素敵なものです。

聞く耳次第で音楽になることを、改めて知らされるような音色ですね。

明日も雨降りかと思うとお洗濯物が室内干しで残念ですが、その分雨の日がくれるしっとりした落ち着きを味わおうと思います。

これからの人生。

2017年も早いもので、半分が過ぎました。
最近まで寒いと言ってたのが、今では暑い暑いの連呼です。

歳を重ねるごとに、時が経つのを早く感じてしまいます。

だから大切に毎日を過ごさなければと思う今日この頃なんです。

でも日々日常を過ごしていると、そんな気持ちも忘れてしまいます。

気が付けば、怠惰な生活をしている自分がいるのです。
本当に情けないです。

私は何を考えて毎日生きているのだろうかと、考えてしまいます。
そんな私に、ドカンと大きな衝撃が走った出来事がありました。
それは、小林麻央さんの死去のニュースです。
悲しかったです。

これほど悲しかったことはないだろうかと言うぐらい、悲しいニュースでした。

この小林麻央さんの死去のニュースは、人生の在り方をものすごく考えさせられました。

命は無限ではないんだということ、つまり、有限なんです。
有限だからこそ、全ての人類は死んでしまいます。
誰も例外なく訪れるのです。

当たり前のことを、今さら深く感じました。
今のような怠惰を送り続けていたら、死が訪れた時に必ず後悔してしまうと思います。

人は死を意識した時に、生きることを本気で考えるのだと思います。

きっとその時に、「当たり前が当たり前ではなく、ありがたいこと」だったんだと気が付くと思うのです。
でもきっとそれでは遅いのです。

そんなことを考えてしまいました。
小林麻央さんという存在は、大勢の人達を救ったと思います。
病気の人はもちろん、何かに悩んで苦しんでいる人にもたくさんの勇気を与えてくれました。
生きる意味を考えさせてくれたことによって、本気で今を生きようと思えるようになりました。

私の人生は、折り返し地点に入ったと思います。
この先、色んなことが待ち受けていることだと思います。
健康で生かされているんだと思うと、今は感謝しかありません。

これからは、いつも笑顔で明るく生きていきたいです。
それは難しいことかもわからないけれど、意識して生きていこうと思います。

久しぶりの読書にはまってます。しかもハードボイルドもの~。

現在、同時進行で3冊読書をしています。

しばらく育児でばたばたしてて全然読まなかったので、育児が少し落ち着き、読書にどっぷり浸かれる今は本当に幸せ。

読む時は大抵複数を一緒に読んでます。

一冊に読み飽きたらもう一冊を読む感じです。

今読んでいるのは又吉直樹の「火花」、池井戸潤の「空飛ぶタイヤ」そして清水一行の「太く短く」です。

期待度は「火花」が一番高かったのですが、今一番面白いのは「太く短く」。

上手く言えないけどハードボイルド系になるのかなぁ。
図書館で「ご自由にどうぞ」の棚に置いてあったのでなんとなく持ってきた本なんですが、まぁ面白い。

時代設定は日露戦争くらいで直情型の男が無茶苦茶をする、的な話です。

内容は痛快で展開も早く勿論面白いんですが、私が気に入ってる点はもう一つあって。
それは単語。

普段はハードボイルド系なんて読みません。
それにこの時代のものも。

だから知らない単語が色々出てくるんですよね。
例えば押切り。藁を切るための道具だそうです。

それから凶状持ち。前科者のことです。
そういうのを一つずつ調べながら読むのがたまらなく面白くて。

まさか自分がハードボイルド系にはまるなんて思いもしませんでした。
多分そういう系が好きな女子って少数派ですよね?

私の周りにもいなかったし。

昔は男臭い感じがして敬遠してました。

なんとなく乱暴そうだな~なんて思ったり。
だから全然読まなかったんですが、ある日、同じように趣味が読書で話の合った上司から一冊のハードボイルド小説を薦められたんです。

「絶対面白いから」って。

読んでみると、そう乱暴でもないんですよね(笑)。
これくらいの描写なら普通に売れ筋の小説でもバンバン出てくるでしょーっていうくらい。

その小説では主人公の男性がめちゃめちゃ男っぽくってかっこよくて、それから時々だけどハードボイルド系を読むようになりました。

「太く短く」は展開も面白いしどんどん読み進めていけるので、今オススメの一冊です。

中央林間の「パティスリー メゾンジブレー」

中央林間に新しいケーキ店「パティスリー メゾンジブレー」がもうすぐ開店することのことで、夫がレセプションに招待されて行ってきました。店内は以前飲食店だったところを改装した店舗で、広くて明るい店内で、2階もあるそうなので、店内でも飲食できるのかもしれないですね。NHKのBSプレミアムでも放送され、ワインソムリエの田崎真也さんも来店されたようです。

このお店は、パティシエの江森宏之さんがオーナーで、ミラノ万博で日本チームのキャプテンを務め世界チャンピオンになったりと数々の賞を獲られた腕前の持ち主です。

以前は、フランスでパティシエの修行をされたのちに、横浜のケーキ店「ベルグの4月」の店長や、表参道の「グラッシェル」というアイスクリームケーキ店の店長をしていました。アントルメグラッセを食べに行ったことがありますが、フレッシュで新食感で、とても美味しかったです。場所がらや、テレビなどの情報番組で取り上げられることも多く、10代から20代の女性客で店内が溢れていました。

夫がケーキとシリアルをお土産にいただいてきたので、さっそくいただいてみるとショートケーキの生クリームが甘すぎない上品な味で、少しナッツが入っていて、しつこくないのでいくらでも食べられそうなケーキでした。

ュークリームは、バニラクリームにコクがあって、食べごたえがありました。シリアルは、クルミなどのナッツ類やバター、ミルクチョコレートなどが入っていて、そのまま食べても美味しかったのですが、ミルクやヨーグルト、アイスにかけて食べても美味しいです。

ネットでも注文できるようで、アイスクリームケーキは、てんとう虫や雪だるまの形があったり、フルーツを多種使用していたり、とてもかわいくて美しい仕上がりです。オーナーは、食材にとてもこだわっていて生産者の方々とのお付き合いも大切にされているようです。近日中にオープンとのことなので、近くに行ったらぜひ買いに行きたいと思います。

健康診断結果が出ました

一年に一度の健康診断の検査結果で「TG」に要経過観察マークがつきました。
TGとはつまり中性脂肪に警告ありという事です。

主に食物から取得された脂質は、小腸から吸収されて血液中に入り、体内の生命維持活動に利用されますが使い切れなかった余ったエネルギーは中性脂肪として蓄えられます。

なるべく考えたくはないですが、お腹や背中の肉や皮下脂肪が中性脂肪で、健康診断の結果はその数値が高いということでしょうか。

幼いころからずっと痩せ型、むしろ痩せすぎと言われていたので自分に中性脂肪がついて健康診断で引っかかるとは思ってもいませんでした。

確かに太っている方が中性脂肪は高くなりがちですが、痩せているからといって安心していられるものではないらしいです。
中性脂肪の数値が高いと全身の血管の動脈硬化が進む原因となります。
私自身の生活を振り返ると、惣菜を食べる頻度が高い、野菜の量が少ない、食事が深夜になりがち、日常の外出以外の運動量が少ない、アルコールを毎日飲む、甘い飲み物を毎日飲む、が原因と考えられます。

これだけ挙げられれば、数値が高くても当たり前だなと自分でも妙に納得してしまいました。
すぐには変えられないなどと言っていないで、すぐに変えます。

とにかくなるべく野菜を食べます。野菜が嫌いなわけではなく、野菜が高いから購入できるものがわりとワンパターンになっています。子供や旦那さんも同じものを食べているのだから、自分だけのためじゃないのだから、頑張って野菜を買います。
青汁も飲んでいますが中性脂肪にはあまり効かないのでしょうか。

会社でいつも買ってくれる、ジュースとアイスも原因の一つですね。これは断りずらいです。せめてお茶にしてくれればと思いますが、断る勇気を持つ事にします。

アルコールは楽しみの一つだからゼロにはしたくないけど、ビール1本空けないように気をつけて、ワインに変えてみようかなと思います。暑いとつい炭酸が欲しくなりビールをあけてしまいます。ビールをカロリーオフにして気持ちの安定を図るか、すっぱり諦めるか迷うところです。

運動はすぐにやります。ストレッチやりますラジオ体操から始めてなるべく継続させます。

日本ハム中田選手を巨人が狙っている

年齢が上がり、年棒が高くなってくると選手を放出することで知られている日本ハムですが、今シーズン終了後にFAが予測されている中田翔選手を巨人が狙っているという記事を最近見るようになりました。確かに中田選手からはあまりメジャー志向が伝わってこないので、FA移籍するなら国内が有力になると思います。

真っ先に手を挙げそうなのが、ファースト阿部の後継者を探す巨人かもしれません。仮に巨人入団となれば、阿部選手引退までは外野も守れますし、引退後はファーストへということも可能になるでしょう。

最近の日本ハムと巨人の交流具合からしてもあり得ない話ではないと思います。二岡選手がトレードされたあたりから日本ハムと巨人の間で盛んにトレードが行われています。現在の日本ハムベンチを見ても太田選手、大累選手、矢野選手、公文投手と、ここは巨人ベンチかと思うほど、旧巨人選手が多くいます。しかもそれなりに活躍しています。巨人にしてみても石川選手が活躍し、ようやくですがFAの陽選手もスタメンに入ってきてそれなりに活躍しています。お互いにとってプラスが多いのであれば移籍も決して悪い印象を持ちません。

巨人の場合長らく若手の育成が課題として挙げられていますが、ここまで来て急に若手が伸び始めるというのは今のところ考えられそうにありません。期待される岡本選手などもこのままでは太田選手同様放出されるかもしれません。いろいろ批判はあるかもしれませんが中田選手がもし巨人に来るとなれば、今年行った大型補強などととは比べられない効果が期待できそうです。

イメージ的には清原選手がFAで移籍してきた時と重なりますが、清原選手が移籍時はまだ松井選手や高橋選手などもいて巨人が強い時代でした。

今の巨人は主力の阿部選手や村田選手など先が長くないであろう選手が多く、坂本選手ももう中堅の域に差し掛かっていますので、中田選手が入ることにより、チームの核になれそうな感じです。補強により色々言われますが巨人が強くなるには今のところそれしか方法がないかもしれません。批判覚悟でしばらくどんどん補強してもらいたいと思います。